カテゴリー
未分類

回転寿司の楽しさとは!?②

さて、では次に接客ですよね。
自社はO型ベルトと言って、中に職人さんがいて、その周りをお客さんが囲んでお寿司を流している感じですね。
スシローさんやくら寿司さんの様に厨房が裏で手元や誰が作っているか分からないようなものをE型ベルトやツノ型ベルトと言います。
アルファベットの先がツノの様に飛び出ている事から付けられたんでしょうね!

そのO型ベルトはお客さんとの対面商売、接客なので、お客さんとの会話を楽しんだり、好みを覚えてあげてコミュニケーションをとるのが楽しかったりします。
これはどの接客業でも一緒でしょうが、お寿司は鮮度や取れた産地など状況により違ってきますし、回転寿司では炙りなどもありますので、メニューにないものをお好みで炙ってみたり、チーズや塩など色んな食べ方をしてみたり、お客さんのちょっとしたワガママにも対応したりするのもいいですよね。
もちろんその分のお金はいただきますが。
色んな話も出来ますし、逆に色々教えてもらったりもします。
全然お寿司に関係ない事でも、どこどこに行ってきたけど良かったよぉーとか、なになには何が美味しいよぉーとか、自分は基本人見知りなのですが、お客さんと従業員の関係だったらかなり話せると思います。
前に別の回転寿司で働いている時に、お客さんへ歩み寄れと教えられた時からですかね!?
最初はお客さんでも知らない人に話しかけるのには抵抗がありました。
ですが、やっぱり訓練ですかね笑
もちろん合わない人もいますが、ずっとやってきた中で感じたのは人間喋る事、話す事は基本的には好きなんだなと思いましたね。
もちろん話題や喋る相手に興味がないと会話は続かないですが笑
自分は特に子供と話す?遊ぶ?のが好きだったかな。
すぐ感情に表してくれるし、喜んでくれる笑顔が好きだね。
可愛い若い女の子もいいけど、やっぱり緊張してしまうので笑
子供達が懐いてくれて、”おにぃちゃーん”って言ってお店に入ってきてくれた時はめっちゃ嬉しいし、お寿司もだけど、自分目当てできてくれたのかなぁってなるしね。
その時は広島の店舗だったけど、岡山の店舗に異動した後も3時間かけて広島に会いに行ってご飯とか一緒に食べたりプライベートも仲良くなったしね。
回転寿司で勤めて、従業員それにお客さんとの沢山の縁を持つ事ができたかな。
接客業は仕事だけど、その中ある沢山の縁を大切にしないといけないよね。
バタバタする事もあるし、ご注文に追われる事もある、お客さんや上司から嫌な事を言われる事もある、ですがその中にある楽しさを見つけて仕事をすれば、やっぱり回転寿司で働いてよかったってなるんだと思います。

カテゴリー
未分類

回転寿司の楽しさとは!?①

こんにちは。
今回は回転寿司での楽しさを紹介していこうと思います。
自分は回転寿司チェーン店で6年働いてる主任です。
まずはやっぱりお寿司を作るそして食べてもらう。最後にお客さんに美味しいと言ってもらう。
これに尽きると思います。
お寿司という商品を作るのにはちょっとした技術がいります。
大手回転寿司チェーン店のスシローさんみたいにシャリがロボットから出てくるまでは一緒ですが、乗せるだけでなく、握り直す事をしていました。
どこが違うの?ってなると思いますが、あまり変わりません笑
ですが、スーパーに並べてある様なお寿司から、手で握っているようなお寿司にみせる感じですかね笑
アルバイトで学生の頃入ったのですが、1年間は軍艦と巻き物のポジション、いわゆる海苔ものポジションについていました。
握り同様にロボットからシャリが成形されたカタチで出てきて、それに海苔を巻いて具をのせる感じです!
なかなか難しく、当時は手袋をして業務をする事はなかったので、少し水を手につけてロボットからシャリを持ってきた時にくっつかないように、水を付けすぎるとシャリが壊れちゃうし、付けてないと米粒が手にくっついちゃうし、さらに海苔を触るときには水気を取らないと海苔が湿気ちゃうので、その作業もなれるまでは大変でした。
具を量をキッチリ合わせないと、少なすぎるとお客さんを損させちゃうし、寿司レーンに流しても取ってくれませんし、多すぎてもその時はお客さんが満足していただいても、次に来店された時に正規の基準で提供しても少ないと思われてしまうので注意ですね!

握りは初めは手握りから始めました!
手握りとは、シャリを箱から取って、職人さんと同じように手で握っていく作業です。
先輩に横についてもらって、形を教えてもらいながら作りました。
初めは水をつけ過ぎてベチャベチャになったり、逆に手にシャリがくっ付いたり、大変でした。
ですが、作ったお寿司を食べてもらった時はなんとも言えない気持ちになり、すぐに友達にメールしてしまいました。笑
実際作って食べてもらうと嬉しいものですね!
ご注文を作ったり、寿司レーンに流したりするのはさくさくやらないと、ご注文が溜まってきてお客さんへの訴求が遅れてきてバタバタしちゃいます。
いろんな3貫握りを考えたりするのも好きでしたね。
原価も高くないように考え、お客さんにも得したように感じていただく様にみせたり、それを写真に撮ってタッチパネルに載せたり。
お客さんを飽きさせないようにするのが楽しいですね。

次は接客編ですかね笑

回転寿司は楽しい!

カテゴリー
未分類

回転寿司はオワコン?働いてみての率直な感想とは!?

結論から言うとオワコンではありません。

コロナの影響で、不要不急の外出をさけるために、飲食店自体への来店は少なくはなかっていましたが、
その分テイクアウトやウーバーイーツなど、店舗ではなく自宅で食べれるライフスタイルに変わっていました。個人経営の飲食店なんかは資金的にも知名度的にも大変な部分が多く、閉めざる得ない環境になったのだと思います。
現在7月ですが、緊急事態宣言も明け、マスクはしているものの沢山のお客さんがご来店されて自店では売上が60%まで落ちてたものが、先月は90%まで巻き返しておりました。
大手回転寿司チェーン店のスシローさんなんかはアプリでの待ち時間が60分待ちなのはザラで、休日なんかはテイクアウトの予約に15分おきに4件ずつ入っているなど、コロナを感じさせない勢いでした。

自店の状況にはなるのですが、新型コロナウイルスという事もあり、回転レーンの商品を取られるお客さんは少なく感じました。
緊急事態宣言中はかなりテイクアウトや宅配、ウーバーイーツなど自宅で食べられるお客さんがほとんどで、売上の6割から7割ぐらいはテイクアウトでした。
30分前には作らないと間に合わないぐらいでしたので、店内が年末年始の様な状況になっておりました。

実際お客さんの食が変わったのではなく、食事する環境が変化したものだと思います。
たしかに外食するより、自宅で自炊して家族で食べられるといったように外食の頻度は減ったのかもしれませんが、回転寿司の寿司でも、やはり自宅で作るという事は簡単な事ではありません。
ですので、お寿司を食べたいと思えば、お金がある方は回らないお寿司屋さんへ、私みたいに庶民の方は回転寿司に食べに行くでしょう。
最近の回転寿司は種類も豊富で、お客さんを飽きさせないように工夫されています。
子供向けのハンバーグやウインナーなどは定番で、若年層のお客さんに人気の炙り寿司も、大人向けには本マグロのトロの部分を使ったお寿司など、商品開発に余念がないですね。

サービス部分では簡易化が進んでおり、一昔前には考えられないように、タッチパネルが置いてない店の方が珍しいぐらいになってきました。

飲食店では新型コロナウイルスで、ソーシャルディスタンスが求められ、今までは50席あったお店でも30席しか取れないようになり、1回転での売上が大幅に減少し、売上のキャパが限られてくる状態になってしまっています。
ですが、最近の回転寿司はテーブル席(4人から6人)の席を多く準備されており、知らない赤の他人には近くにいられるのが怖いと思ってしまう現状ですが、家族と言うとなると、自然と距離はあまり気にせず、いいのか悪いのから難しいですが、テーブル席を2つに分けると言うお客さんは今のところ出てきてはおりませんでした。

結論このようにお客さんが来てくれる限り、店は成り立ちますし、店に寄っては閉店をやむ終えない場合もあるとはおもいますが、現状は他の飲食店よりは先があると仕事をしてる自分からはそう思います。